親御様からよくいただくご質問にお答えします

お子様の歯科治療について、親御様からよくお寄せいただく質問とその回答をまとめました。こちらにもないご質問がある方は、取手市の歯医者「森歯科医院」までお気軽にお問い合わせください。

母子感染とはどのようなものですか?

虫歯菌はもともと赤ちゃんのお口には存在しません。ところが、身近にいる大人とコップやスプーンなどを共有したりキスをしたりすることで大人の口からうつってしまい、虫歯になってしまうのです。これを母子感染といいます。

お子様の歯を虫歯から守るには、食器の共有やキスなどをやめるのが一番です。とはいえ、キスなどのスキンシップは親子の愛を深めるうえでとても重要なもの。ですので、お口にキスをしない、常にお口の中を清潔にしておく(治療しておく)、といったことを徹底するだけでも母子感染のリスクは抑えることができます。

子どもを歯医者に連れていくタイミングはいつですか?

歯が生えてきたら、虫歯になる可能性があると考えてください。そのため、はじめてのご来院は「歯が生えてきたとき」がおすすめです。また、永久歯と乳歯が混在する時期は、ブラッシングがしにくく虫歯になりやすいタイミング。このときにも一度連れてきてあげてください。

お子様の虫歯は親御様でもなかなか見つけにくいもの。定期検診にお連れいただき、歯科医師のチェックや予防処置を受けていただくことで、虫歯になりにくい口腔内環境をつくることができます。

食事の際に気をつけるポイントはありますか?

“ダラダラ食べ”をしていると、お口の中が酸性に傾いて虫歯菌の動きを活発にしてしまいます。食事やおやつは時間をしっかり決め、お口の中に食べ物を入れない時間をつくりましょう。

仕上げみがきは、何歳くらいまでするのですか?

お子様は、なかなか自分できちんとブラッシングをすることができません。10歳になる頃までは、仕上げみがきをしてあげるようにしましょう。

乳歯が虫歯になっても、生え替わるから大丈夫ですよね?

乳歯の虫歯も、きちんと治療することが必要です。治療をしないとお口の中が虫歯菌でいっぱいになってしまい、生え替わりのときにも悪影響が生まれてしまいます。永久歯がよい環境で生えてこられるようにするためには、乳歯の虫歯を放置してはいけません。

歯並びが悪くても、見た目を我慢すれば矯正しなくてもいいですか?

歯並びの乱れは、見た目以外にもたくさんの問題を引き起こします。そのまま放置すると「食べ物がしっかり咀嚼できない」「うまく発音できない」「左右のバランスが悪い」などといったトラブルが起こりかねませんし、お子様がコンプレックスを抱いてしまう可能性もあるでしょう。歯並びの乱れはそのままにせず、矯正治療を受けることをおすすめします。

おやつの与え方で注意することはありますか?

一度にたくさん食べられない小さいお子様にとっては、おやつも大切な栄養補給のタイミング。とはいえ、ダラダラと食べ続けると虫歯になりやすくなるのでよくありません。また、アメやチョコ、キャラメルといった、甘く、歯によくつきやすいものは多く与えないようにしましょう。おやつはお菓子と決めつけず、おにぎりやおいもなどをあげてもいいでしょう。せんべいやスルメなど、噛みごたえのあるものもおすすめです。

はじめて歯医者に連れていくとき、注意することはありますか?

お子様は、親御様の緊張を敏感に察知します。緊張感を見せないように、まずは親御様がリラックスしてください。当院では治療をがんばったお子様にご褒美をあげています。キッズスペースもありますので、まずは遊びに来る感覚で連れてきてあげてください。

永久歯が生えてきたのに乳歯が抜けないのですが、どうしたらいいですか?

最近の子どもは顎が正しく成長していないことが多く、本来なら乳歯を下から押し上げるように永久歯が生えてくるところ、乳歯より大きい永久歯が生えるスペースが足りず内側などに重なって生えてしまうことがあります。乳歯が大きくグラグラしていればしばらくして自然に抜けることもありますが、そのような様子が見られなければ、歯科医院で抜いてあげたほうがいいかもしれません。一度ご相談ください。

フッ素は身体に悪影響はないのですか?

フッ素は、骨などを構成する自然元素のひとつです。わずかですが食べ物にも含まれており、予防歯科のフッ素塗布に使用する程度の量であれば、身体に悪影響を与えることはないといわれています。どうぞご安心ください。

ページの先頭へ戻る